スポンサーリンク

子供の体重が増えない!原因はエネルギー不足?【平均体重男女別一覧表】

コドモ 子育て

子供の体重が中々増えない…と悩んでいるママさんへ。

うちの息子も身長は伸びているのに、体重が中々伸びず

  • 食事の栄養が足りていないのかな…
  • もっと食事の内容を増やさないとダメかな…

と考えました。

その解決方法として試したのが、食生活の内容。

体験してみて分かった体重が増えない原因を、個人的見解でまとめました。

最後に子供の平均的身長と体重を、男女別に分けて一覧表にしています。

スポンサーリンク

子供の体重が増えない!原因は?

子供は日に日に成長し、身長も体重も増えていきます。

成長速度は個人差があり、小学生でぐぐっと身長が伸びて親と同じぐらいの背の高さになる子もいれば、中学校卒業するまで背の順番は一番前、という子もいます。

 

次男は高校でいきなり背が伸びて、あっという間に私の身長を越してしまいました。

コドモシンチョウ

でも高校に上がるまでは、私より背が低かったのです。

 

体重はどうでしょうか。

息子たちは一気に背が伸びたわけではないので、体重も一気に増えたわけではありませんが、身長に合わせて体重が増えた=比例して成長していった感じでした。

 

痩せていたわけでも太っていたわけでもなかったので、体重をそこまで気にすることはありませんでしたが、三男がサッカーをするようになり、子供の体重が気になるようになりました。

スポーツ

というのも、サッカーというスポーツは、ただボールを蹴ればいい、というスポーツではなかった事を知ったからです。

  • 体をぶつけてボールを取る
  • ひたすら走る
  • フェイントをかける時の瞬発力
  • シュートをする時の爆発力

これらの力が必要だったのです。

 

初めてサッカー練習を見たとき

これは格闘技なのでは?

と本気で思いました。

 

そしてこう思ったのです。

食べないとやられる…

なので、とにかくご飯をたくさん食べさせるようにしました。

小学2年生ぐらいの時は、おかずを食べつつ、ご飯は大盛りで食べていました。

ゴハン

それでも全然体重が増えないんです。

給食は毎回おかわりしていると言っていましたし、間食はおやつではなく

  • おにぎり
  • パン
  • 果物
  • あんこ

などを食べさせていました。

 

それでもなかなか体重が増えなくて、でも身長は順調に伸びていったんです。

コドモシンチョウ

小学3年生から小学4年生にかけて、わずか数ヶ月で3cmぐらい伸びても体重は変わりませんでした。

 

小学高学年になると、サッカーの練習はますます激しくなります。

息子は細い方ではありませんが、体の大きい子が増えてきたので、痩せているかのようにも見えてきました。

 

また練習が激しい時は、体重が増えないどころか減ることも。

これはもしかすると栄養が足りていないのかも…

と考えました。

 

スポーツフードアドバイザーの資格を取ってからは、とにかくタンパク質に気をつけていたはずでした。

  • 納豆などの大豆製品
  • 鶏肉

など。

 

でもよくよく考えれば、うちはお肉や魚料理がとても少ないことに気づきました。

また、納豆卵ご飯はほぼ毎日食べているのですが、練習が激しくなるにつれてご飯の量が減ることもありました。

アミノサン

更に絶対に残すなと言っている

  • 野菜料理
  • 汁物

を食べると、肉や魚がそんなに食べれないんです。

 

そこで

  • 植物性タンパク質はたくさんとっているけど、動物性タンパク質をあまり摂っていないこと
  • ゴハンの量が少ない事

に気づきました。

 

そこで、まずは主菜を変えるようにしました。

面倒ではあったものの、まめにスーパーに行き、一番手っ取り早く栄養が取れるマグロやカツオのお刺身を週に2回は取り入れるようにしました。

まめにスーパーに行くと、時間がとられるだけでなく余計なものを買ってしまうので、私は今まで週に1回ぐらいしかスーパーに行っていませんでした。

そうなると、冷凍保存が効く肉を買うことが多かったのですが、息子は肉をそこまで食べないので食べやすいお刺身に変えました!

 

ちなみに焼き魚ですが

骨が…

と言って、いつも半身ぐらいしか食べません(; ・`д・´)

 

ですが調べてみると、どうやら刺身での食べ方が一番栄養が摂れるとのこと!!

カツオサシミ

魚は

  • 焼く
  • 煮る
  • 揚げる

などの調理法によって、栄養が20~50%も失われることが分かっています。

魚は生であるお刺身の方が、DHAなどの栄養素はそのまま摂れる!

なので、刺身は絶好の動物性タンパク質。

刺身を取り入れることで、主菜であるメインのおかずを増やすようにしました。

 

とは言え、野菜は絶対に食べさせたい。

なので、野菜はスープにしたり何とか食べさせるようにしました。

 

また、激しい練習の次の日は、朝起きた時から

「疲れが取れない…」

と言っていたので、もっとエネルギーを摂取できるように、練習後ご飯があまり食べられない時はエネルギーが摂れるスポーツゼリーも飲ませるようにしました。

スポーツゼリーは、目的別に様々な種類があります!

 

この【ウイダーinゼリー エネルギー(マスカット味)】は、1パックでおにぎり1個分のエネルギーがあります。

  • 内容量:180g
  • エネルギー:180kcal
  • 炭水化物:45g
  • ナトリウム:43mg

食欲がなくてご飯が食べられない時などにおススメ!

 

そうして測り続けた息子の体重。

毎日測り続けた結果、急激に増えることがありませんでしたが、まず減ることがなくなりました。

大好きな回転すしに行った次の日は、500g一気に増えていましたが(笑)

そして、数百グラムずつ徐々に少しずつ体重が増えていっている感じです。

 

 

もし今

子供の体重が全然増えない…

と悩んでいたら、

  • タンパク質不足
  • エネルギー不足

の可能性が高いです。

 

エネルギーは穀類や糖質で摂取できます。

一番の有力候補は、ご飯。

トウシツ

ご飯やタンパク質がどれだけしっかりと食べれているか、これが体重が増えるか増えないかのポイントになります。

もちろん、野菜や果物、乳製品などもバランスよく摂取することが大切です!

スポンサーリンク

子供の体重平均値は?

子供によって、成長速度が違うので、一概にこの体重がベストですよとは言えませんが、平均的にまとめたものがこちらになります。

 

男子

年齢 体重(kg) 身長(cm)
1歳半 10.9 81.1
2歳半 13.1 90
3歳半 15 97.2
4歳半 16.8 104
5歳半 18.9 110.5
6歳 21.4 116.5
7歳 24.2 122.6
8歳 27.3 128.1
9歳 30.7 133.5
10歳 34.4 139
11歳 38.7 145.2
12歳 44.2 152.8
13歳 49.2 160
14歳 54.1 165.4
15歳 58.8 168.3
16歳 60.7 169.3
17歳 62.5 170.6

 

の資料を参考に作成しています。

 

女子

年齢 体重(kg) 身長(cm)
1歳半 10.3 79.7
2歳半 12.6 88.8
3歳半 14.5 96.2
4歳半 16.5 103.2
5歳半 18.5 109.8
6歳 20.9 115.6
7歳 23.5 121.4
8歳 26.5 127.3
9歳 30 133.4
10歳 34.2 140.2
11歳 39 146.6
12歳 43.8 151.9
13歳 47.3 154.8
14歳 50.1 156.5
15歳 51.7 157.2
16歳 52.7 157.7
17歳 53 157.9

 

女子と男子では、成長速度も違います。

女子の場合は、生理が始まると体の変化に伴い、体重も変動します。

 

男女共に運動が激しい場合は、筋肉が重いこともあるので、体重や身長は、あくまで平均値として受け止めましょう。

 

気を付けたいのは、

  • 太りすぎ
  • 痩せすぎ

です。

 

太りすぎは、将来生活習慣病になるリスクが高まります。

 

痩せすぎは栄養が足りないので、成長に影響を与えます。

子供の内は、とにかくしっかりとご飯を食べさせましょう。

 

もし、ご飯があまり食べられないのであれば、お菓子は一切なしにして、補食をイモ類やおもち、小麦類に変えてみて下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

食が豊かな時代になったにも関わらず、栄養不足の子供が多いのだそうです。

通常の食事だけでなく、美味しいお菓子やジャンクフードを間食に食べてしまい、しっかりと食べたい夕食などが食べられずに栄養が不足しているのかもしれません。

子供の場合は、1回の食事で量が食べられません。

そのため、どうしても「補食」という形で食事を補いますが、補食の内容を間違えるとこれだけ豊かな現代でも栄養不足になってしまいます。

太りすぎは、将来生活習慣病になるリスクが高まりますが、痩せすぎは栄養不足による成長障害が起こります。

体重が中々増えない場合は、何とかご飯の量を増やしてタンパク質も意識する。

ママは大変ですが、これも数年間だけです。

頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました