スポンサーリンク

子供が虫歯に!原因はスポーツドリンク?体験談から分かった飲み物の重要性

ムシバ 子育て

頑張って子供の歯磨きをしていたのに、子供が虫歯になってしまいました。

その原因として、思い当たることがありました。

それが、飲み物。

どんな飲み物が虫歯の原因になるのか、歯医者さんから聞いた話を元に、体験談から紹介します!

その後、虫歯予防対策として私がしたことや、子供の虫歯治療の麻酔についてなど掲載しています。

スポンサーリンク

子供が虫歯になりました。原因はスポーツドリンク⁉

すっごく頑張って息子の歯磨きをしていました。

小学中学年になり、自分で歯磨きをするようになるまでは、歯磨きの仕方もちゃんと教えた…つもりでいました。

 

でもある時

「歯ぐきが痛い」

と言いだし、歯医者に行ったら奥歯に穴が開いていました。

 

正直ショックでした。

あれだけ頑張ったのに、私のやり方が間違っていたのかな…と。

 

でも、歯医者さんに昔言われたことを、ふと思い出したんです。

「スポーツドリンクは虫歯の原因になるよ」

 

虫歯になる数年前に、歯がガタガタだったので矯正を考え、歯医者の先生に相談したことがあります。

すると、まずこう聞かれました。

「スポーツしてる?」と。

 

サッカーを習っていることを伝えると、こう言われました。

「スポーツドリンクを飲む習慣があると、矯正は虫歯になりやすいからおすすめできない」

 

そこで、スポーツドリンクが虫歯になりやすいことを初めて知りました。

サッカー選手って歯がガタガタなイメージがあったけど、矯正が出来ない理由が虫歯予防だったのかも!

 

知ったからと言って、夏を乗り切るにはスポーツドリンクしかないと思っていた私は、夏の練習時には毎日のようにスポーツドリンクを水筒に入れていました。

歯はそこまでガタガタではないと言われたので、矯正しませんでした!

 

それがまさか数年後に虫歯になるとは…。

また、スポーツドリンクだけでなく、果汁ジュースも虫歯になりやすいとのこと!

 

果汁飲料は酸性が強く、歯を溶かしやすい成分を含んでいます。

スポーツドリンクは甘味料が含まれています。

 

  • 普段からジュースをよく飲む
  • 運動をしているのでスポーツドリンクを飲むことが多い

という子供は、虫歯になりやすい環境を自ら作り出していたのです。

 

実際にうちの息子は、運動をしている時にスポーツドリンクを飲むことが多かったです。

夏の猛暑には、暑すぎて練習中に「頭が痛い」と訴える子も多く、ひどいと吐いてしまう子もいました。

 

近年の夏は、普通の水やお茶では対応できない程、気温が尋常ではない時代です。

 

年々気温が上がり続ける夏の猛暑を乗り切るには、お茶だけではダメだと思い、スポーツドリンクを必ず持たせていましたし、チームのコーチからも

お茶ではなくスポーツドリンクを持たせて下さい

との指示がありました。

 

汗で水分だけでなく、ミネラルも流れ出てしまうので、その補給としてスポーツドリンクは最適なんです。

 

また、うちは疲労回復の為に、オレンジジュースを飲ませることも多くありました。

オレンジジュースにはビタミンCが多く含まれているので、疲労回復効果に繋がります。

 

また、スポーツ選手が取り入れてしまいやすい【活性酸素】を除去してくれる抗酸化作用もあります。

抗酸化作用とは、活性酸素という身体を老化させてしまう物質を退治してくれる働き。息をするだけで発生する活性酸素は、運動をすると更に増えてしまいます!

 

しかし、オレンジは酸が強く、歯を溶かしてしまう性質を持っている為、それも虫歯の要因だったのかもしれません。

 

歯医者さんで

「お母さん、これ虫歯だわ」

と歯医者の先生に言われ、あれだけ一生懸命歯磨きをしてきたのに…とショックに陥ったのを今でも覚えています。

 

虫歯の原因まとめ

  • スポーツドリンク・果汁ジュースをしょっちゅう飲む
  • 常に口の中に食べ物がある
  • 歯磨きがちゃんとできていない

 

常に口の中に食べ物があると、虫歯の原因になります。

食べ物は、口の中で酸を作ります。

歯を溶かして穴を開けてしまいます。

ムシバ

 

ずっと食べ続けていると、歯が虫歯になりやすい!

 

また、歯磨きも虫歯の要因の一つ。

奥歯などは大人でも磨きにくく、歯磨き嫌いな子供も多い!

 

うちの息子も、もしかするとちゃんと磨けていなかったのかもしれません(>_<)

スポンサーリンク

子供が虫歯にならないための予防策

  • お菓子はだらだら食べない
  • 食事と食事の間隔を開ける
  • ジュースやスポーツドリンクを飲んだらうがいをする
  • 歯ブラシを電動にする

 

まず食べる時間帯を決めることが大切。

おやつは、子供にとって補食にもなるので必要です。

その時間を、例えば学校から帰ってきてすぐ、など決めておき、それ以外の時間は食べない。

 

大切なのは、常に口の中に食べ物を入れておかないこと。

なので、食事と食事の間の時間を空けるようにします。

 

あと、一番重要な飲み物。

出来る限り、お茶や水で水分補給したいですが、スポーツをしていて水分だけでは栄養が補給できない場合など、たくさんあります。

 

その場合は、やはりスポーツドリンクなどミネラルが入っている水分がおすすめ。

なので、スポーツドリンクを飲んだら、すぐにうがいをするなど対策していきましょう。

 

うがいができない場合は、スポーツドリンクを飲んだ後に水やお茶を飲む。

これだけでもかなり変わると思います!

 

スポーツドリンクを飲みたくない場合は、塩昆布がおススメです!

塩と昆布に含まれているミネラルを摂取して、お茶を飲むだけでOK♪

 

これを持ち歩いているアスリート、多いですよ^^

 

果汁100%ジュースなども同じです。

果汁100%ジュースは、運動をする子供にとって

  • ビタミン
  • ミネラル
  • 糖質

が含まれているので、エネルギー補給に最適。

一番おすすめはオレンジ100%ジュース!

 

ですが、オレンジは酸が出てしまうので、のんだら水やお茶で口の中を一旦洗い流すというようにします。

とにかく口の中に酸を作らせない!!

 

本当は、そのような甘い飲み物を飲んだ時は歯磨きをするのが一番。

外だと中々難しいですが、家にいる場合は甘いものを食べたり飲んだら歯を磨く!

これを習慣づけられるといいですね^^

 

そして最後に、歯ブラシを変える!

うちは歯に穴があいたことで、私も息子も頑張って歯磨きをしていてもダメだったことに愕然。

 

そのため、電動歯ブラシを初めて購入しました。

これが凄かった!!

 

電動歯ブラシと手動歯ブラシ、全然違います!

電動歯ブラシは、手動では磨けない奥の歯もちゃんと磨いてくれます!

電動歯ブラシは本当におすすめ!

 

スポンサーリンク

子供の虫歯治療はいつからするべき?

すぐにです!!

いやでも、いつか大人の歯に生え変わるから…

そう思うママさんも多いですが、実は子供の歯の虫歯が大人の歯に影響することもあるんです。

乳歯が虫歯になると、歯の根元に細菌がたまり、大人の歯である永久歯も虫歯になる可能性が出てきます。

ムシバ

そのため、子供の歯でもしっかりと治療してあげることが大切。

 

子供の虫歯治療は、麻酔を打たれるんじゃないかと心配すると思いますが、最近の歯医者さんでは痛みのない麻酔を使う歯医者も多くあります。

実際に息子が通っていた歯医者さんでは、光のようなものを息子に当てただけで、麻酔完了。

全く痛くなかった!

と息子。

 

近年の歯医者の機器は、かなり進化しています。

昔の痛いイメージはそこまでないのと、子供が喜ぶ内装にしてある歯医者さんも増えました。

虫歯はもちろん、数ヶ月に1回は歯の点検に歯医者に連れて行ってあげましょう!

スポンサーリンク

まとめ

子供が虫歯になると、ショックになりますよね。

ママである私がちゃんと歯磨きをしていなかったから?

ちゃんと歯磨きの仕方を教えていなかったから?

そんなに自分を責めないで大丈夫!

歯が溶け切ってしまい、真っ黒になっていたら、それは

「いやいや、話すときに歯がないことや、黒い部分に気づくよね?」

となりますが(笑)見えない場所に穴が開いていたり、黒くなっていても、歯は中々気づきません。

子供が歯が痛い・歯ぐきが痛いと言いだしたら、すぐに歯医者に連れていってあげれば、歯医者さんがきちんと対応してくれます。

麻酔も今は痛くないし、治療そのものも痛くない歯医者も増えたので、安心して歯医者にレッツゴーです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました