スポンサーリンク

身体活動レベルとは?計算せずに分かる数値一覧表と使い方

タイシャ エネルギー

身体活動レベルは、普段の運動レベルを示す数値。

その数値を知ることで、1日に必要なエネルギー量も分かります。

普段運動をしている人で、ケガをせずに疲労回復を望む人は、毎日しっかりとエネルギーを摂取する必要があるので、まずは自分の身体活動レベルを確認してみましょう。

身体活動レベルの数値が何に役立つのかも紹介しています!

スポンサーリンク

身体活動レベルとは?

身体活動レベルとは、生活活動代謝量という

  • 日常生活で動く(家事や移動など)
  • 運動・トレーニング

で消費するエネルギーを3段階に分けて表示する数値。

 

1日に必要なエネルギーの約3割が生活活動代謝量となります。

生活活動代謝には、3つの活動レベル

  • 低い
  • 普通
  • 高い

があります。

 

  • 低い…ほとんど運動しない・動かない
  • 普通…買い物・家事・通勤・通学で歩いたり適度な運動はしている
  • 高い…スポーツクラブに所属している・激しい運動を毎日している

となり、このレベル分けを表すのが「身体活動レベル」です。

 

身体活動レベルは、普段どれだけ運動をしているか、だけでなく年齢でも決められた数値があります。

その数値を確認して、それに基礎代謝量をかけると1日に必要なエネルギー量を求めることができます。

 

身体活動レベルの数値↓↓

年齢 Ⅰ(低い) Ⅱ(普通) Ⅲ(高い)
1~2 1.35
3~5 1.45
6~7 1.35 1.55 1.75
8~9 1.40 1.60 1.80
10~11 1.45 1.65 1.85
12~14 1.50 1.70 1.90
15~17 1.55 1.75 1.95
18~29 1.50 1.75 2.00
30~49 1.50 1.75 2.00
50~64 1.50 1.75 2.00
65~74 1.45 1.70 1.95
75以上 1.40 1.65

 

普段どれだけ動いているか、今一度こちらで確認して、身体活動レベルの3つのレベルを選びましょう。

身体活動レベル 低い(Ⅰ) 普通(Ⅱ) 高い(Ⅲ)
日常生活の内容 運動は特にせず座っていることが多い 座っていることが多いが、
・移動
・買い物
・家事
・軽いスポーツ
などは行う
・スポーツを頻繁に行う
・立ち仕事
・移動が多い
など常に体を動かしている

 

基本的に子供は、普通レベルの【Ⅱ】になります。

学校や公園で走り回っているからね!

 

  • スポーツの習い事を頻繁にしている
  • サッカーやラグビーなどの激しい運動に取り組んでいる

このような場合は身体活動レベルは【Ⅲ】になります。

運動の習い事をしている子供は基本的に、身体活動レベル【Ⅲ】を選びます

 

ここまでで自分や子供に合う数値を探してみましょう。

 

スポンサーリンク

身体活動レベルで何が分かるの?

自分や子供に合う数値を見つけたら、

  • 身体活動レベル
  • 基礎代謝量

この2つをかけると1日に必要なエネルギー量が分かります。

 

基礎代謝量の求め方↓↓

 

1日に必要なエネルギー量が分かると、毎日どれだけ食べれば健康に過ごせるかが分かります。

ショクジ

 

運動をしている子供は、体力や持久力も必要になります。

持久力がなくなると、疲れが倍増しケガに繋がります。

 

大人も同じく、毎日に必要なエネルギーを摂取しないと

  • 疲れやすくなったり
  • 病気をもらいやすくなったり
  • 精神バランスがとれなかったり

など様々な弊害が起こります。

 

たんぱく質やビタミンをしっかり摂るためにも、どれぐらい食べる必要があるのかをざっとでも把握しておくといいですね。

1日に必要なエネルギー量の求め方↓↓

 

スポンサーリンク

まとめ

身体活動レベルは、運動をしている人にとっては必要な数値です。

この数値を知っておくだけで、これからの身体作りやどんな時でも活躍できる筋肉作りにも役立ちます。

中々知ることのない身体活動レベルですが、毎日に必要なエネルギー量を知るためには必要な数値なので、参考になれば幸いです。

ちなみに1日の必要エネルギー量を知ることは大切ですが、それ以上に必要な栄養素を知っておくと、より体づくりに役立ちます。

その中でも。たんぱく質は最も重要な栄養分。

大豆製品や肉、魚、乳製品に多く含まれるので、バランスよく食べることを意識して下さいね^^

タイトルとURLをコピーしました