スポンサーリンク

飽和脂肪酸とは?多く含む食品と摂りすぎ・不足からくる症状の数々!

ニク 脂質

飽和脂肪酸は、体に悪い油が含まれている食品というイメージがありますが、一体どんな性質を持っているのでしょうか。

そもそも、飽和脂肪酸は悪者なのか、それとも私達人間に必要な栄養素なのか。

飽和脂肪酸について、今一度解説しつつ、

  • 摂取しすぎるとどうなるのか
  • 不足するとどうなるのか

も含め、飽和脂肪酸を豊富に含む食べ物も紹介します。

スポンサーリンク

飽和脂肪酸とは?

飽和脂肪酸とは、

  • 肉の脂身
  • バター

などの、常温で固体の油に含まれる脂質

マーガリン

 

人間のエネルギー源になったり、皮下脂肪として体を外部からの刺激から守ったりする働きがあります。

飽和脂肪酸は体内で合成される成分なので、過剰摂取すると様々な症状を発症します。

無理に食事から摂取しなくても大丈夫!

 

飽和脂肪酸を摂りすぎるとどうなる?

摂取しすぎると、血液中の

  • 中性脂肪
  • コレステロール

を増やす働きがあります。

shishitu

 

動脈硬化が進み、糖尿病になる危険性も。

もちろん肥満にも繋がります。

 

元々、体内で合成される成分です。

食べすぎると、一気に過剰摂取になってしまいます。

気を付けなければいけない栄養素です。

 

飽和脂肪酸が不足するとどうなる?

不足すると

  • 心疾患
  • 脳出血

のリスクを高めます。

 

飽和脂肪酸は、元々体内にある栄養素です。

積極的に食べる必要はありませんので、飽和脂肪酸が多く含まれている食べものを、

  • 食べすぎない事
  • 控える事

これが大切です。

全く食べないんじゃないんです!!!脂肪酸は必要な栄養素なので、程よく食べることは大切です!

 

それには、どんな食品に飽和脂肪酸が含まれているかを理解しておかなければなりません。

 

スポンサーリンク

飽和脂肪酸を含む食品

  • 脂身の多い肉
  • 卵黄
  • 牛乳
  • チーズ
  • バター
  • チョコレート
  • ココナッツ
  • パーム油
  • やし油
  • ラード
  • カシューナッツ

※飽和脂肪酸Wikipediaより

 

上記の食品の中には、飽和脂肪酸も多く含まれてはいるものの、たんぱく質が豊富な食材も多いです。

  • 牛乳
  • チーズ

など。

 

なので、脂身の少ない赤身のお肉や牛乳は低脂肪乳を選ぶなど、脂肪が少ないタイプのものを選ぶといいです。

 

チーズに関しては、飽和脂肪酸が最も多いのがクリームチーズ。

こってりとした甘さがあるクリームチーズは、チーズの中でも一番カロリーも高く、タンパク質は少なめです。

 

バターですが、バターが飽和脂肪酸なら、マーガリンはどうなるんだ?

と思いますが、マーガリンは今最も問題視されている【トランス脂肪酸】になります。

 

トランス脂肪酸とは?

 

注意したいのは、上記の食品は「食べてはいけない」のではなく、「食べすぎてはいけない」です。

 

脂肪酸である脂質は、人間の身体を動かすエネルギー源です。

大切な栄養素なので、摂りすぎないということを意識しておけば大丈夫です^^

 

脂質とは?種類と多く含まれている食べ物まとめはこちら↓↓

 

スポンサーリンク

まとめ

飽和脂肪酸が豊富に含まれている卵や肉は、普段から食べている食材でもあります。

なので、適度な脂肪分は摂取できているということ。

ということは、例えばコンビニの揚げ物をおやつに食べてしまったり、チョコレートを毎日食べてしまうと、飽和脂肪酸の過剰摂取になってしまう可能性が高くなります。

食は、人間の体を支える唯一のエネルギー源ですが、一歩間違えると体をむしばめてしまう毒薬にもなります。

飽和脂肪酸は良い影響もあるので、料理の一部として摂取していきましょう^

スポンサーリンク
この記事を書いた人
紅助

スポーツフードアドバイザーの紅助です。
サッカーをしている息子がとにかくケガが多く、何とか体の土台を作ってあげたいと思い、この資格を取得しました。

勉強しながら分かったことを、子育てママに役立ててもらえればいいなと思い、食の大切さと心の育て方を執筆しています。
負けない身体づくりを養うために参考になれば幸いです^^

※料理は簡単手抜き料理でいかに栄養を注ぎ込むかに注力していますw

紅助をフォローする
脂質
ikukatu

コメント

タイトルとURLをコピーしました