スポンサーリンク

肌荒れを解消する食べ物7種類と肌トラブルを起こしやすい食べ物4選

ハダアレ 食材

マスク生活になってから、顔の肌荒れがひどくなることありませんか?

私は謎のブツブツが出来ました。

これ、完全に肌荒れですよね。

マスクなんて冬は暖かいけど、夏は呼吸困難で死ぬんじゃないかと思うぐらいにマスク内は蒸れています。

息が苦しいだけでなく、汗もかくので、完全に高温多湿。

完全に湿地帯になってしまっている訳です。

湿地帯はカビや細菌が生えやすい環境。

こんな状態で、肌トラブルが起きない方がおかしいです。

でも実は肌荒れは食べ物次第で解消されます。

一体、どんな食べものが肌荒れを解消してくれるのでしょうか。

肌荒れを加速する食べ物も紹介しています。

スポンサーリンク

肌荒れを解消する食べ物7種類

梅雨の時期、マスクの中は高温多湿の状態にあります。

高温多湿になると、汗や皮脂の分泌で細菌が発生しやすくなります。

 

すると、ニキビなどの肌トラブルが起こってしまいます。

それを解消してくれるのが、最新研究で分かったフルーツパワー。

 

堂々の1位は、パイナップル!!!

  • 1位:パイナップル
  • 2位:リンゴ

林先生の今でしょという番組より

 

それでは、肌荒れを解消する果物

  • パイナップル
  • リンゴ

の効果効能を解説していきましょう^^

 

果物

パイナップル

パイナップルには【グルコシルセラミド】という、美容効果の高い栄養素が含まれています。

 

グルコシルセラミドは、肌構造を整えて角層に水分補給してくれる働きがあります。

肌の内部に水分がいきわたらると、肌が潤うだけでなく、きめ細かくなり、ハリがでます。

ハリがでると、たるみ対策にもなるので、肌がピンっとして若々しくなりますね^^

 

更に、グルコシルセラミドはシミの原因【メラニン】の生成を抑える働きもあるので、シミの改善にも期待できるんです!

そのため、肌荒れを解消して肌をキレイにしてくれるだけでなく、シミ対策にもなるという訳です。

 

1日に食べる推奨量は100g。

ほんの少しです。

 

毎日まずは4週間続けて食べてみましょう。

肌の変化を感じることができるかも!?

 

パイナップル効果を更に感じるにはこちら↓↓

 

次におススメなのが、リンゴ。

リンゴ

リンゴは、肌トラブルの原因である【ヒスタミン】という成分を約25%減少させる働きがあります。

ヒスタミンは、肌荒れや吹き出物の要因となります!

 

リンゴは

  • 口臭対策
  • 虫歯対策
  • 肥満対策

など多くの効果効能を持ち合わせるフルーツ。

 

毎日少しでも果物を食べるだけで肌トラブルを解消できます。

今日から始めていきましょう♪

 

果物以外で肌荒れを改善してくれる食べ物は

  • ビタミン
  • 鉄分
  • タンパク質
  • 食物繊維
  • 脂質

などが豊富に含まれている食べ物。

スポンサーリンク

ビタミン

ビタミンには

  • 皮脂バランスを調整する
  • 皮膚や粘膜の健康を保つ
  • 肌のターンオーバー のリズムを保つ
  • 肌の老化を防ぐ
  • 肌の乾燥や色素沈着を防ぐ

などの働きがあります。

 

全て肌に関する効能ばかり。

ビタミンはそれだけでなく、体内でエネルギーを産生したり、体の機能を調整してくれる働きもあります。

 

ビタミン豊富な食べ物はこちら↓↓

 

鉄分

鉄分は血流を良くしてくれるので、肌艶を良くしてくれるだけでなく、くすみやクマも防いでくれます。

1日に必要な鉄分の量と多く含まれる食品はこちら↓↓

 

タンパク質

タンパク質は肌を作る栄養素です。

肌がぷるぷるになるためにコラーゲンが必要だということはご存知かと思いますが、実はそのコラーゲン、タンパク質でできています。

 

皮膚を作るのもタンパク質

コラーゲンを作るのもタンパク質

タンパク質が豊富に体内にあることで、肌のハリを保ち艶やかな肌を目指せます。

 

たんぱく質が多く含まれている食べ物一覧はこちら↓↓

 

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整えてくれる効能があります。

腸の中の善玉菌を増やすためには、食物繊維が必要となります。

食物繊維は善玉菌のエサ!

 

しかし食物繊維が足りず、腸が汚いと便秘になりやすくなります。

悪玉菌も増えて、ニキビが増えやすくなります。

 

食物繊維は大腸を刺激する働きがあり、排便を促します。

食物繊維が多く含まれる食べ物はこちら ↓↓

 

発酵食品

発酵食品は、腸内環境を整えて善玉菌を増やす働きがあります。

食物繊維と同じく善玉菌を増やすことで 、肌トラブル改善につながります。

  • プロバイオティクス
  • 5-ALA

の効果も期待できるので、こちらを参考にしてみて下さい↓↓

 

プロバイオティクスの詳細↓↓

 

5-ALAの詳細↓↓

 

必須脂肪酸

脂肪酸の中でも、必須脂肪酸が肌トラブルを解消します。

必須脂肪酸は

  • 血液中のLDLコレステロール低下作用
  • 血液が固まるのを防ぐ
  • 動脈硬化・血栓症を予防

という働きがあり、不足すると皮膚炎などの症状が発症します。

 

必須脂肪酸が多く含まれるのは

  • 紅花
  • 大豆油
  • γ-リノール酸
  • 植物油
  • しそ油
  • えごま油

そして母乳です。

 

脂肪酸の効果や多く含まれる食品の詳細はこちら↓↓

 

肌荒れを解消する食べ物は

  • パイナップル
  • りんご
  • ビタミンを豊富に含む食品
  • 鉄分を豊富に含む食品
  • タンパク質豊富な食材
  • 食物繊維豊富な食べ物
  • 発酵食品
  • 脂肪酸多く含む食品

です。

スポンサーリンク

肌荒れしやすい食べ物4選

逆に肌荒れしやすい食べ物はこちらの4種類↓↓

  1. ジャンクフード
  2. お菓子
  3. 脂身の多い食材
  4. 香辛料

 

ジャンクフードやお菓子、香辛料は添加物が入っています。

添加物とは

  • 保存料
  • 甘味料
  • 着色料
  • 香料

などの成分を含み、食材を保存できる便利な食品であるものの、大量に食べ過ぎると体に害を及ぼします。

 

甘味料は主に砂糖から作られていますが、砂糖はショ糖というサトウキビや転載を原料として加工したものです。

 

またポテトなどの揚げ物は、カリッとさせるためにトランス脂肪酸が含まれた油を使用しています。

トランス脂肪酸とは?↓↓

トランス脂肪酸を多く摂取し過ぎると、体に弊害が起きたりします!

ジャンクフードだけでなく、カップラーメンやインスタント系の食品には、これらの添加物が多く含まれています。

 

また脂身の多い食材は、内臓脂肪の蓄積につながります。

内臓脂肪の蓄積は肥満につながるだけでなく、生活習慣病などの病気を発症し、体調に変化をもたらします。

 

5大栄養素を取り入れつつバランスよく食べることが、肌荒れを起こさない最も有効的な方法と言えます。

野菜や果物は欠かさずに!

特に野菜は緑黄色野菜を意識して食べてくださいね^^

緑黄色野菜とは?↓↓

 

スポンサーリンク

まとめ

肌荒れが起こる一番の原因が

  • 便秘
  • 食生活の乱れ
  • 肥満

です。

これらを改善するのには、やはり「食」が一番。

改善策は偏った食事をしないこと。

全ては、食で始まり食で終わる。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
みあ

スポーツフードアドバイザー3人の息子がいるママです。
サッカーをしている息子がとにかくケガが多く、何とか体の土台を作ってあげたいと思い、この資格を取得しました。

勉強しながら分かったことを、子育てママに役立ててもらえればいいなと思い、食の大切さと心の育て方を執筆しています。
負けない身体づくりを養うために参考になれば幸いです^^

※料理は簡単手抜き料理でいかに栄養を注ぎ込むかに注力していますw

みあをフォローする
食材
ままroom
タイトルとURLをコピーしました