体の基礎

スポンサーリンク
腸活

プロバイオティクスの効果5選と減少する原因。多く含む食べ物で腸内革命を起こせ!

プロバイオティクスは、腸活に最も有効な善玉菌ですが、一体どんな効果があるのでしょうか。 とは言え、油断すると減少してしまうプロバイオティクス。 5つの働きと減少する原因を紹介しつつ、一体どんな食べ物にプロバイオティクスが含まれているかまとめています。 サプリメントからの摂取ではダメなのか?なども紹介!
エネルギー

エネルギー必要量【子供・成人・妊婦】男女別平均的数値一覧表

1日に必要なエネルギー必要摂取量を、計算しなくても一目瞭然で分かるように 年齢 性別 運動量 に分けて、男女別に一覧表にまとめました。 エネルギー摂取量は計算しないといけないのが面倒ですが、表を見るだけで分かるので、参考になれば幸いです^^

骨粗鬆症になる原因3つと症状。予防する4つの栄養素と食材は?

骨粗鬆症と言えば、高齢の病気。そう思っていませんか? 実は若い頃…いや子供時代からの食生活が、骨粗鬆症を招く原因かもしれません。 骨粗鬆症とは?を解説しつつ、原因と症状、予防するための栄養素と食材を紹介します。 男性・子供は骨粗鬆症にはならないのかという疑問も解説!
体の基礎

はたらく細胞で分かる【白血球・赤血球・血小板】の働きと病気の原因

「はたらく細胞」という医療のアニメが、今東大生や世界中で話題沸騰中。 病気について、一つ一つの細胞をキャラクター化し、子供でも分かりやすく描いたアニメでは 分かりやすい! 体の仕組みが理解できた! 将来起こるであろう病気について今から考えたい などの意見が続出。 そんなはたらく細胞が「世界一受けたい授業」で エコノミークラス症候群 動脈硬化 アルコール飲酒 胃潰瘍(いかいよう) 加齢臭 痛風 について分かりやすく解説していたので紹介します!
エネルギー

3つの運動エネルギーを上手く使い分けてパフォーマンスを最大限に発揮する!

運動する為に使う人間のエネルギーには、3つの種類があります。 それらをスポーツ種目別に分けて、どのようにエネルギーを作り出しているのか紹介しています。 エネルギー不足にならないための対応策と、おすすめ食べ物。 どんな栄養素を摂取すれば、ケガも防げるのかなど、スポーツをする人がより良いパフォーマンスを発揮できるうように解説しています。
エネルギー

アデノシン三リン酸(ATP)とは?人間のエネルギー源となるその仕組みとは?

アデノシン三リン酸(ATP)という、人間に欠かせない物質があります。 それが「エネルギー」。 ATPが一体どんなエネルギーを作るのでしょうか。 ATPの仕組みと特徴、エネルギーの謎を解明します。 ATPがないと、人間はどうなる?
エネルギー

三大栄養素とは?エネルギーに変わる仕組みと働きを解説!

三大栄養素とは、人間の体を動かす源である栄養素のことです。 栄養素はたくさん種類がありますが、その中でも人間の体を動かすエネルギーとなるのは3つの栄養素です。 エネルギーは、一体どうやって作られているのか。 何を食べたら、運動のパフォーマンスを落とさず長時間続けることができるのか。 三大栄養素の特徴や仕組みを解いていきます!
水分補給

水を飲むことで得られる2つの重要な事。飲むタイミングや必要摂取量まとめ

水は人間の約6割を占めています。 体内から2%以上の水分が減少すると、実は怖い症状が起こってしまいます。 今回は 水の2つの働き 水分不足で起こる症状 逆に水分を摂りすぎるとどうなるのか 1日の必要水分量 飲むタイミング 水分の多い食べ物 を総まとめしました。 水は、生きていくうえで欠かせない重要な栄養素です。 自分で水分管理ができない子供は、特にママの注意が必要です。
水分補給

汗をかくのは何故?メリット4選デメリット3選と成分を紹介!

汗をかくのはなぜでしょうか。 その理由は、体の機能を整えるため。 一体どんな仕組みになっているのでしょうか。 また、汗をかくことのメリット・デメリットと共に、そもそも汗の成分は一体なんなのかもお伝えします。 自分の汗の量を把握して、水分不足に備える基準表もありますよ^^
水分補給

水分補給におすすめの食べ物特集【飲み物・果物・野菜】

水分補給は、水分だけでなく、食品からも摂取しています。 夏の暑い時期に水分が多い野菜が多いのは、大量にかいた汗から出た水分を補給するため。 今回は水分の多い食べ物を【野菜・果物】で紹介します。 また、一番重要な飲み物からの水分補給としておすすめの飲み物も紹介!
水分補給

スポーツドリンクの飲みすぎは肥満の原因⁉目的別種類と飲むタイミング

スポーツドリンクは、水分補給に最適な飲み物と言う認識がありますが、実は意外な落とし穴もあります。 それが、肥満。 今回はスポーツドリンクは太る?ということをテーマに、スポーツドリンクの 種類 目的 を紹介します。 またスポーツドリンクは、飲みタイミングも重要です。 そこも踏まえつつ、スポーツドリンクが苦手な人が水分補給するための方法も記載しています。 虫歯も要注意!!
水分補給

水分不足になるとどうなる?7つの症状と5つの原因。チェック表で確認!

水分は人間の約6割を占めている栄養素です。 水分が不足すると、喉が渇くだけでなく、様々な症状がでてきます。 水分不足で起こる7つの症状を私の体験談と共にお伝えしつつ、なぜ水分不足になるのかの原因を5つ紹介します。 熱中症で倒れてしまった子供の話も紹介! 最後に水分不足かどうかのチェック表もあるので、もし自分が該当しているなと思ったら、今まで摂取していた水分量を増やしてくださいね!
水分補給

1日に必要な水分摂取量の目安と水分補給のタイミングは?

水分は、1日最低摂取しなくてはいけない量があります。 どれだけ必要なのか、またその理由を絵で分かりやすく解説してみました! 運動をしている人、大量に汗をかく人は更に水分が必要です。 また、飲むタイミングも重要。 飲む量とタイミングをお伝えしつつ、 どれだけ汗をかいて 今どれだけ水分が足りていないのか の計算方法も紹介しています。
水分補給

熱中症体験談!死ぬかと思った症状5つと原因。その後の対策方法

毎年、春になると熱中症になります。 春は汗をかかないので、つい油断してしまうんですね。 最初の年は吐き気ぐらいでしたが、ある年の熱中症がかなりひどかったので、どんな状態だったかを体験談としてお伝えしようと思います。 また、私がなった熱中症には種類があり、その種類と症状、原因、そして対策方法をお伝えします!
水分補給

熱中症の4種類それぞれの症状や対策とは?夏を乗り切る7つの予防策

熱中症には4つの種類があります。 それぞれの特徴や症状、対策を紹介します。 運動している人 高温多湿の場所に長くいる人 夏の炎天下にいることが多い人 は是非読んでもらえると参考になると思います。 また、熱中症にならないための7つの対策も記載しています。 子供がスポーツをしているママも必見です!
腸活

出残り便秘とは?6つのチェック方法と対策3選!便秘はお尻が臭い?

便秘と言えば、何日も排便がない…そんなイメージですよね。 ということは、毎日出ていれば快便。 そう思っていませんか?私は完全に思っていました(笑) でも、毎日排便があっても【出残り便秘】の可能性があるらしいんです!!! 世界一受けたい授業で紹介されていた「出残り便秘」とは? 自分が出残り便秘かどうかのチェックと、対策を紹介!
腸活

アダムスキー腸活方法とは?【スロー・ファスト・ニュートラル】食材で献立作り!

腸活とは、腸をきれいにすることで健康を保てる健康療法ですが、その中でもアダムスキー腸活法は食べ物の組み合わせで腸を綺麗にしていくという方法です。 Amazon でも話題になっているアダムスキー先生の「腸がすべて」という本からわかる ファスト・スローな食べ物を分けて食べる方法とは? おすすめの料理や腸をきれいにするための対策も紹介! 世界一受けたい授業でも紹介されていました!
エネルギー

身体活動レベルとは?計算せずに分かる数値一覧表と使い方

身体活動レベルは、普段の運動レベルを示す数値。 その数値を知ることで、1日に必要なエネルギー量も分かります。 普段運動をしている人で、ケガをせずに疲労回復を望む人は、毎日しっかりとエネルギーを摂取する必要があるので、まずは自分の身体活動レベルを確認してみましょう。 身体活動レベルの数値が何に役立つのかも紹介しています!
エネルギー

基礎代謝量とは?【男女別】数値一覧表。計算方法と代謝を上げる3つの方法

基礎代謝量とは、人間が生きていくうえで常に稼働されているもの。 人間に欠かせない要素とも言えます。 そんな基礎代謝量を一覧表にしました。 年齢と性別から分かる自分の基礎代謝数値から、1日の代謝量が分かります。 1日の代謝量が分かれば、そこから1日に摂取するべき糖質やタンパク質の量も把握できます。 食べ物が豊富な今の時代こそ、食べ物の管理ができるようになると、肥満を防げるかも? また、子供の体調管理などもしやすくなるので、参考にしてみて下さいね! 基礎代謝量を上げるには何をすればいいか、も3つの方法で紹介しています!
エネルギー

1日に必要なエネルギー量を【基礎代謝量・生活活動代謝量】から計算!

1日の必要なエネルギー量を調べるには、自分の 基礎代謝量 生活活動代謝量(身体活動レベル) を知らないと数値を求めることが出来ません。 この2つの数値を計算してから、1日に必要なエネルギー量の計算方法を紹介します。 スポーツをする人は、普通よりも多くのエネルギーが必要です。 食べることも練習の一つなので、どれぐらい食べればいいか把握しておくと、強い身体づくりにも繋がります^^
タイトルとURLをコピーしました