スポンサーリンク

赤いキウイフルー食べてみた!3種類それぞれの栄養と味の違いは?

キウイフルーツ ビタミン

テレビで、赤いキウイフルーツがあると紹介していました。

イオンで販売しているとのことで、早速近くのイオンへ。

今や果物コーナーの1/4程占めるキウイフルーツは、3種類のキウイフルーツが置いてありました。

3つの種類のキウイを買って、早速家で試食!

  • レッド
  • ゴールド
  • グリーン

の味と栄養、効果などまとめました。

スポンサーリンク

レッドキウイフルーツ食べた口コミレビュー!

赤いレッドキウイフルーツ、知っていますか?

キウイフルーツ

 

本当は、身全体が赤いそうです。私が購入したのがたまたま種の部分しか赤くないやつでした(>_<)

 

20年以上の歳月をかけて編み出した、赤いキウイフルーツ。

売り出されるのは、たったの1ヶ月٩( ”ω” )و

4月下旬~5月下旬のみ!

 

栄養が、緑やゴールドと比べて断然豊富だという赤いキウイフルーツ。

テレビで紹介されていたので、早速食べてみることに!

 

どうせなら、3種類のキウイフルーツと一緒に食べ比べてみようと思います!

キウイフルーツ

 

まずは赤いレッドキウイフルーツ!!

これ、スプーンが入らないぐらい固い!!!

 

身が全部赤くないし、もしかすると食べごろではないのかも。

早すぎた?

本当に美味しいのか?

そんな疑問を抱えながら、皮を包丁で全部むいて一口サイズにカット。

じゃないと、食べれなかった(笑)

 

んんん???

甘い!!!

 

というか、もはやキウイフルーツではない感じ…。

例えると、梨のようなみずみずしさとほんのり桃のような甘さ。

 

これ、別名【レインボーレッドキウイ】とも言うらしく…

その由来が

桃やマンゴーなど7種類のフルーツを連想させる味や食感

納得!!

全く酸っぱくないので、息子はパクパク。

どれだけでも食べられる、さっぱりさも持ち合わせています。

もしかすると、身全体が赤かったら、もっと甘かったのかも。

 

次にゴールドキウイも食べてみることに。

 

こちらは最近よく食べているので、甘いことは承知。

うん、旨い。

甘みが濃厚というか、ねっとりとした甘さ。

 

レッドとゴールド。

どちらもグリーンキウイに比べると甘いけれど、甘みがちょっと違う。

  • 赤キウイ⇒さっぱりとしたみずみずしい甘さ
  • ゴールドキウイ⇒こってりした甘さ

という印象。

 

そして最後にお局様の緑キウイフルーツ。

キウイフルーツ

 

ん~微動だにしない酸っぱさ。

ビタミン食べてますっ!!!という感じが満開。

 

さて、味の感想を息子と比較したみたところ…

キウイ
一番美味しかった ・子供・・レッドキウイ
・私・・・ゴールドキウイ
甘みが一番強い ゴールドキウイ
一番固い レッドキウイ
一番みずみずしい レッドキウイorグリーンキウイ
一番酸っぱい グリーンキウイ
一番ねっとりしている ゴールドキウイ

 

美味しさに関しては、レッドが多分完熟していなかったため、ゴールドに比べると甘みが少なかったように感じました。

多分、旬の時期があるのかな?

なので、もしかすると固かったのも、完熟しきれていなかった可能性も高いです。

 

また、みずみずしさで言えば、グリーンキウイとレッドが微妙な差。

どちらもジューシーさは同じぐらいです。

 

さてさて、そんな個人的レビューですが、栄養的にはどのキウイフルーツが一番多いのでしょうか。

 

スポンサーリンク

キウイフルーツ3種類の栄養と効果

レッド ゴールド グリーン
エネルギー 59kcal 54kcal 53kcal
タンパク質 0.9g 0.9g 0.8g
炭水化物 11.9g 15.6g 13.3g
食物繊維 1.8g 1.1g 2.3g
カルシウム 16mg 14mg 27mg
0.2mg 0.2mg 0.2mg
マグネシウム 12mg 12mg 14mg
カリウム 338mg 298mg 300mg
0.19mg 0.12mg 0.13mg
亜鉛 0.1mg 0.1mg 0.1mg
ビタミンC 189mg 152mg 88mg
ビタミンB1 0.02mg 0.02mg 0.02mg
ビタミンB2 0.03mg 0.04mg 0.06mg
ビタミンB6 0.1mg 0.18mg 0.22mg
ビタミンB12 0 µg 0.1 µg 0 µg
ビタミンA 4 µg 2 µg 2 µg
ビタミンE 1.6mg 1.1mg 1.1mg
ビタミンK 7 µg 7 µg 15 µg
ナイアシン 0.3mg 0.5mg 0.4mg
パントテン酸 0 µg 0.12 µg 0 µg
葉酸 69 µg 82 µg 73 µg

※ µg(マイクログラム)は、1000分の1mgです。

ゼスプリ公式サイトより参考

※100g当たりの栄養素(100g当たり約1個)

 

レッドキウイは、他のキウイに比べて

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

が最も多い。

 

この3つ、実は【ビタミンエース】と呼ばれる、最も抗酸化作用の強いビタミン。

 

抗酸化作用は、老化防止だけでなく、酸化によって発生する様々な病気の原因などを防ぐ働きがあります!

 

もちろん、レッドキウイだけでなく、ゴールドもグリーンもビタミンは他のフルーツに比べて豊富。

その中でも、レッドは飛びぬけています。

 

ではそれぞれの栄養や効果を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

グリーンキウイ

グリーンキウイには、クエン酸が多く含まれており、

  • 舌苔除去
  • 消化促進

という効果が期待できます。

 

舌苔除去とは、舌にできる白いこけのようなもの。

  • ストレス
  • 免疫力低下
  • 消化器系の疾患
  • 食べカス
  • 細菌

などが原因でできることが多い。

舌苔は、口臭の原因となることもある!

 

グリーンキウイは、タブレット(ブレオ)に使われることもあるのだそう。

グリーンキウイは、口臭予防になるのかも?

 

ゴールドキウイ

グリーンキウイよりも、はるかに栄養が豊富だと言われているゴールドキウイ。

ビタミンC含有量は、グリーンキウイの2倍。

ゴールドキウイを1日に1個食べるだけで、1日のビタミンが摂取できてしまう程、ビタミン豊富です。

 

レッドキウイ

種子の部分が赤く、皮に毛がないのが特徴。

20年以上かけて開発されたレッドキウイ。

 

通常のキウイにない栄養素

  • アントシアニン

が入っています。

赤く色づけされているのは、そこからかな?

 

アントシアニンとは、ベリーに多く含まれる成分で

  • 抗酸化作用
  • 筋疲労の抑制

が期待できると言われています。

ベリーと言えば視力回復ですが、それよりも視力低下の予防と考えたほうが良さそうです。

 

以上、3つのキウイフルーツの栄養と効果でした!

ちなみにお値段は、グリーンキウイが一番安くて、ゴールドとレッドは同じぐらいです。

 

ビタミンは、人間の体を構成する重要な栄養素です。

毎日食事から摂取できるようにしていきましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

1日に、最低でもミカン1個は食べたほうが良いとされるビタミン豊富な果物。

ミカンやりんご、イチゴなどビタミン豊富な果物はたくさんありますが、その中でもキウイフルーツは群を抜いてビタミンが豊富です。

免疫力を上げるためにも、1日に半分でもキウイフルーツを食べるようにすると、健康にそして笑顔で過ごせます^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました