スポンサーリンク

アミノ酸とタンパク質は【アミノ酸プール】で本当の効果が得られる!

ヒッスアミノサン アミノ酸

たんぱく質は、アミノ酸がないと本来の効果が発揮できません。

一緒に摂取した時に、【アミノ酸プール】によって分解され、そうして体の隅々にまで栄養が行き届くように活躍するのです。

アミノ酸プールとは、一体なんなのでしょうか。

  • アミノ酸とたんぱく質の関係
  • アミノ酸とたんぱく質を一緒に摂取する理由
  • アミノ酸もたんぱく質も豊富に含まれる食品

も紹介!

スポンサーリンク

アミノ酸とタンパク質の【アミノ酸プール】とは?

たんぱく質は、食べたらそのまま身体の組織になるのではなく、アミノ酸に分解されて、血液によって全身の細胞に運ばれます。

 

その後各身体の機能によって、アミノ酸は身体それぞれの目的に応じたタンパク質を合成します。

その働きをすることを【アミノ酸プール】と言います。

アミノサン

 

アミノ酸プールは

  • 食べ物のタンパク質
  • 元々体内にあるタンパク質

を合成させること。

身体の中の場所ではない

 

そして更に、体内にあるタンパク質を分解させます。

これを体内では繰り返しています。

 

アミノ酸は体内で自動的に育成される【非必須アミノ酸】を始め、毎日食べ物から摂取しないといけない【必須アミノ酸】の2種類で構成されており、更に分類すると合計で20種類もの成分から成り立っているのがアミノ酸です。

 

アミノ酸の20種類は、各成分それぞれ人間の体に有効な効果があります。

例えば

  • 免疫力を上げる効果
  • 筋肉を強くする効果
  • 疲れにくい身体づくりをしてくれる効果

など、人間が生きていく中で大切な要素を持ち合わせています。

 

必須アミノ酸の効果を更に詳しく知りたい場合はこちらから!

 

しかし、アミノ酸にはそれ以上に最も重要な役割があります。

それがタンパク質の分解・合成

 

たんぱく質は人間の

  • 内蔵
  • 筋肉
  • 皮膚
  • 血液
  • 毛髪

など、全ての器官を作ります。

 

タンパク質について詳しい解説はこちらから↓↓

 

スポーツをしている人には欠かせない筋肉を強くしてくれる働きがあったり、

  • ホルモンバランス
  • 免疫力アップ
  • 新陳代謝

などの働きもたんぱく質が行います。

 

人間の体において、水分以外の人間の資本がたんぱく質という訳です。

 

そのため、「タンパク質をしっかり摂ろう!」ということで、タンパク質を食べる人も多いですが、実はそれだけではタンパク質本来の効果は出ません。

 

アミノ酸と一緒に食べることで、初めてタンパク質効果が得られるのです。

そしてその効果を高めるのが【アミノ酸プール】です。

 

タンパク質はアミノ酸なしには、効果が発揮しにくいのため

  • タンパク質
  • アミノ酸

はセットで食べると意識すると、より強い身体づくりを目指せます。

 

では、どんな組み合わせの食べ方が良いのでしょうか。

 

スポンサーリンク

アミノ酸とタンパク質が豊富に含まれた食品

タンパク質のほかにアミノ酸も食べないといけない、となると少し大変そうですが、実はタンパク質豊富な食べ物にはほとんどアミノ酸も豊富に含まれています。

 

 

など。

 

これらの食べ物、実はアミノ酸も豊富に含まれています。

アミノ酸には20種類あり

  • 必須アミノ酸9種類
  • 非必須アミノ酸11種類

に分けられています。

それぞれの成分が多く含まれている食べ物一覧はこちら↓↓

 

必須アミノ酸 食品
バリン まぐろ・カツオ・鶏むね肉・あじ・サンマ・鶏モモ肉・卵・牛肉・高野豆腐・納豆・牛乳・チーズ
ロイシン まぐろ・鶏むね肉・さんま・鶏モモ肉・カツオ・牛肉・卵・あじ・高野豆腐・牛乳・木綿豆腐・納豆・チーズ
イソロイシン カツオ・あじ・まぐろ・鶏むね肉・さんま・鶏モモ肉・卵・牛肉・高野豆腐・納豆・牛乳・木綿豆腐
リシン するめ・いわし・カツオ・まぐろ・あじ・大豆・牛肉・鶏肉
メチオニン かつお節・いわし煮干し・たたみいわし・かずのこ(乾燥)するめ・チーズ・鶏むね肉・豚ヒレ肉
フェニルアラニン かつお節・いわし・豚肉ゼラチン・大豆・鶏むね肉・牛肉・あじ・チーズ
スレオニン 数の子・かつお節・いわし・するめ・豚ヒレ・大豆・豚もも・牛モモ・鶏モモ
トリプトファン かつお節・タタミイワシ・するめ・チーズ・きな粉・大豆・マグロ・卵
ヒスチジン かつお節・いわし・まぐろ・さんま・ぶり・鶏むね肉・あじ・大豆

 

非必須アミノ酸 食べ物
アルギニン 鶏肉・牛肉・まぐろ・うなぎ・卵・大豆製品・にんにく
アラニン 豚肉ゼラチン・鶏むね肉・うるめいわし・さば・かつお・豚ロース・はまぐり・しじみ
システイン 赤唐辛子・ニンニク・タマネギ・ブロッコリー・芽キャベツ・オート麦・小麦胚芽
チロシン かつお・チーズ・大豆製品・たらこ・ちりめんじゃこ・乳製品・バナナ・アボカド・ナッツ類
プロリン 豚肉ゼラチン・小麦粉・大豆製品・チーズ・かつお
セリン 大豆製品・かつお節・牛乳・小麦粉
グリシン エビやホタテの魚介類全般
アスパラギン酸 アスパラガス・牛肉・鶏肉・魚介類・大豆製品・卵
グルタミン酸 しいたけ・トマト・魚介類・チーズ・緑茶・昆布
グルタミン 肉・魚・大豆・卵・チーズ
アスパラギン アスパラガス・牛肉・鶏肉・魚介類・大豆製品・卵

 

非必須アミノ酸の効果についてはこちらから↓↓

 

豚肉に入っている比率が意外と少ないですが

  • 鶏胸肉
  • 牛肉

にはアミノ酸がたっぷりと入っていることがわかります。

※牛肉は基本的に脂身の少ない赤身肉!

 

そして

  • 乳製品
  • 大豆製品

も共通しています。

 

大豆製品は

  • 豆腐より納豆
  • 納豆よりきな粉

に多くタンパク質もアミノ酸も含まれています。

 

乳製品は牛乳です。

1日最低でもコップ一杯は飲むようにしましょう。

牛乳が苦手な人にはヨーグルト!

 

ヨーグルトは、朝食だけでなく夕食のデザートにもおすすめ。

ちなみにヨーグルトは砂糖が入っているものではなく、無糖のものを選び、きな粉とはちみつをかけて食べるとさらに栄養アップ!

コロナなどのウイルス対策にもヨーグルトはおすすめなので、牛乳だけでなくヨーグルトもセットで!

 

スポンサーリンク

アミノ酸とタンパク質が豊富な野菜ってある?

野菜には、ほとんどアミノ酸が含まれていません。

野菜から摂る栄養は

  • ビタミン
  • ミネラル

という認識です。

 

少しながらアミノ酸が野菜の中でも多く含まれているのが、枝豆

枝豆は豆類には含まれず、野菜に含まれます!

 

その他

  • ブロッコリー
  • 芽キャベツ
  • アスパラガス

 

ブロッコリーはビタミンCも多く、抗酸化作用の働きもあります。

アスパラガスは、必須アミノ酸の成分ともなっていて、必須アミノ酸の名前にも用いられている野菜。

  • アスパラギン
  • アスパラギン酸

 

野菜のビタミンも毎日必要です。

そのため、アミノ酸豊富な肉や魚、卵、大豆製品、乳製品にプラスして野菜も毎日食べるのが理想です。

旬の時期に美味しく頂きましょう^^

 

アミノ酸についての効果や効能、多く含まれている食べ物特集まとめ記事はこちら!

 

スポンサーリンク

まとめ

アミノ酸がないと、タンパク質が効率よく体内で分解してくれないことが分かります。

でも両方が含まれている食品を、いちいち調べるのも大変。

  • タンパク質豊富な食べ物 ⇒ アミノ酸も豊富
  • アミノ酸が豊富な食べ物 ⇒ たんぱく質も豊富

という認識なので、両方豊富な食べ物を探さなくても、どちらかが豊富に含まれていれば、もう一つの栄養素もほぼ豊富に含まれていると覚えておくと良いです^^

とは言え、たんぱく質だけががっつり含まれている食品だけを食べるのではなく、旬の野菜や魚を取りいれながら楽しく食事をしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました