スポンサーリンク

アダムスキー腸活方法とは?【スロー・ファスト・ニュートラル】食材で献立作り!

チョウカツ 腸活

腸活とは、腸をきれいにすることで健康を保てる健康療法ですが、その中でもアダムスキー腸活法食べ物の組み合わせで腸を綺麗にしていくという方法です。

Amazon でも話題になっているアダムスキー先生の「腸がすべて」という本からわかる ファスト・スローな食べ物を分けて食べる方法とは?

おすすめの料理や腸をきれいにするための対策も紹介!

世界一受けたい授業でも紹介されていました!

スポンサーリンク

アダムスキー腸活方法とは?

アダムスキー腸活法とは、食べ物を

  • ファストの食べ物
  • スローな食べ物

の2種類に分けた食生活を行うことで、腸の流れをスムーズにしてキレイにする方法。

 

食べてすぐ消化する食べ物と、ゆっくり消化される食べ物を別々に食べることで、腸の流れを良くして、腸をキレイにするというもの。

これを行うことで全ての体調が整うという、食べ物の組み合わせを主とした腸活です。

 

発案したのは、フランク・L・アダムスキー先生。

世界一受けたい授業で紹介されていたアダムスキー先生は、アダムスキー式腸活法「腸がすべて」という本を出版!

 

食べ物の消化スピードに注目したアダムスキー先生は

  • 早く消化される【ファスト】という食べ物
  • ゆっくり消化する【スロー】の食べ物

に分類。

 

実はこの2つの食べものは、腸を流れるスピードが違います。

ファストの食べ物は、食べてすぐ消化しますが、スローな食べ物はゆっくりと消化。

 

そのため、腸を流れる食べ物とゆっくり流れる食べ物が、一緒に腸にいると、腸の中で渋滞が起こるのだそう!!!

ファストの食べ物とスローの食べ物を一緒に食べてしまうと、腸の流れが悪くなり、結果的に腸はずっと働き続ける事になり、便秘になりやすい&腸が疲れてしまうのだと言います。

消化スピードが違うから、腸の中を移動する速さも違うんだね!

 

これが原因で、便秘や悪玉菌を増やしてしまう原因になるのかも!

 

腸の汚れを落としてキレイにするだけで

  • 肌トラブル
  • 体の不調(頭痛など)

が改善するとのこと。

腸を整えると体の不調が改善される!

 

ここに注目したアダムスキー先生は、食材の組み合わせだけで

  • 便秘が改善
  • 腸を整える

ことから、まずは消化される食べ物を分類。

アダムスキー先生が分類した食べ物はこちら。

 

アダムスキー式腸活法【スロー】食材

スロー:食べてから4~5時間で消化される
  • にんじん
  • じゃがいも
  • キャベツ

など野菜全般

 

  • パスタ
  • パン

など穀類

 

など動物性・植物性タンパク質

 

  • ワカメ

など海藻類

 

アダムスキー式腸活法【ファスト】食材

ファスト:食べてから30分~2時間で消化される
  • オレンジ
  • リンゴ
  • バナナ

など果物全般

 

  • トマト
    かぼちゃ

などの一部の野菜

 

  • ヨーグルト

など。

 

アダムスキー式腸活法【ニュートラル】食材

ニュートラル食材とは、スローにもファストにも属さない食べもののこと。

  • ビターチョコレート
  • サラダ油
  • お酢
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • なす

など。

 

ニュートラル食材は、ファストとスロー、どちらと合わせても良い。

お寿司はご飯と魚のスロー食材に加え、ご飯にお酢が入っているので最高の組み合わせかも!

スポンサーリンク

アダムスキー腸活法の疑問

ファストな食べ物はすぐに消化をしますが、スローな食べ物は腸をゆっくりと流れ消化。

そのためファスト食べ物とスロー食べ物は、別々に食べるという食事療法を推奨しています。

 

え? でも食べ物って胃で消化されて、腸に届く頃には形がなくなっているんじゃ?

と思いますよね。

なので、アダムスキー腸活法は果たして効果があるのかな?と感じましたが…

 

調べてみると、食べ物は最初に胃で消化された後、完全に消化しきれなかった食べ物は、小腸でも消化されることが分かりました。

そうして体内に吸収されやすい大きさにまで分解された後、体のあらゆるところに栄養として行き渡るために、腸で吸収されていきます。

 

その後、栄養として吸収されなかった残りの分が大腸へと流れ、そして便として排泄されます。

腸にたどり着く時には、食べ物としての栄養や形も残っていることも。

 

そのため、腸では

  • ファストの食べ物
  • スローの食べ物

が一緒に流れている状態になっているという訳です。

なるほど!

ではここで、アダムスキー腸活法の良い組み合わせと悪い組み合わせを紹介します。

 

良い例

シチュー

  • 野菜

 

野菜たっぷりのシチューは

  • 牛乳
  • 野菜

が全てスロー食材でゆっくりと消化するので、腸の中で渋滞が起こらないという仕組み。

 

とんかつ定食

  • とんかつ
  • キャベツ
  • ご飯
  • 味噌汁

これも全てスロー食材です。

全てがスローなので、腸に負担をかけないのがポイント!

 

ダメな例

  • レモン+魚
  • メロン+生ハム
  • トマト+パスタ

 

果物やトマトはファスト、魚やハムなどの肉類、そして麺類のパスタはスロー食材です。

魚やから揚げにレモンをかけていた人、多いのではないでしょうか。

サカナ

揚げ物にはほぼレモンをかけて食べていた私です…

 

あと、トマトパスタ!

トマトパスタ

 

だったら何も食べれなくない?

そう感じてしまいますが、ファストの食べ物とスローの食べ物の組み合わせでも、腸活できる方法はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ファストとスローの組み合わせでも便秘にならない方法とは?

スローとファストの食材を組み合わせを緩和する方法は

食事前にエキストラバージンオリーブオイルを大さじ1杯飲む

 

エキストラバージンオリーブオイルを飲むことで、腸の滑りを良くしてくれる効果があるのだとか^^

ベンピ

 

なので、スローな食べ物とファストの食べ物を同時に食べても、エキストラバージンオリーブオイルが緩和してくれます!

 

但し、エキストラバージンオリーブオイルは過熱していないもの

過熱してしまうと、栄養が薄れます。

 

また、オリーブオイルが腸の流れを緩和してくれるからといって、毎回オリーブオイルを大さじ1杯飲むのではなく、極力スローな食べ物とファストの食べ物は分けて食べる意識を持つことが大切です。

 

エキストラバージンオリーブオイルは、脂質の中でも良質な油ではあるものの、脂質には変わりがありません。

エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブオイルの中でも最高級の油でポリフェノールが多く含まれていて、抗酸化作用の高い油です!

 

脂質は、オリーブオイルだけでなく魚や肉の脂や、料理に使われる油なども含みます。

食事内容にもよりますが、大さじ1杯のエキストラバージンオリーブオイルを飲むことで、1日に必要な脂質を摂りすぎてしまうかもしれません。

 

また、本物のエキストラバージンオリーブオイルは非常に高価です。

1本数千円します!

 

カロリーも高いので、出来る限り食生活の改善で腸活を行ったほうが、今後の食生活にもプラスになると思います^^

ちなみに「マツコの知らない世界」で紹介された、スペイン直輸入のエキストラバージンオリーブオイルはこちら。

 

最近注目されている新鮮なオリーブオイルは、コストコで販売されているエキストラバージンオリーブオイル!

コストコのエキストラバージンオリーブオイルはかなり人気です!

 

スポンサーリンク

アダムスキー腸活法おすすめ献立!

納豆きのこパスタ

  • 納豆
  • きのこ
  • パスタ

全てスロー食材。

 

肉じゃが

  • じゃがいも
  • にんじん
  • いんげん
  • 醤油

これらも全てスロー食材。

和食は、スローな食材の組み合わせが最高なんですね^^

 

後は、先ほどの魚にレモンの組み合わせなどは魚+大根おろしにすると◎!

大根おろしにかける醤油もスロー食材。

 

また、から揚げなどこってりしたものをサッパリしたいとき、レモンがダメなら「酢」がおススメ。

お酢はニュートラル食材なので、どの食材ともOK。

サッパリして食べられるので美味しいです^^

 

アダムスキー腸活法はこちらから↓↓

 

ちなみにファスト食材は、すぐに便意をもたらす作用が高い食材が多いです。

ヨーグルト+バナナなど。

 

なので、大事な用事の前には控えたほうが無難。

特に、スポーツ選手は試合の前などは糖質中心の食事にして、ファストの食べ物は避けることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

大切なのは、無理した食生活を送らないこと。

これはスローだから、ファストとは組み合わせられない…

これを考え出すと、ストレスになってしまっては大変です(>_<)

たまには自分が食べたいものを思いっきり食べて、食そのものを楽しみつつ、普段は調節するというメリハリのある食生活を送ると、食そのものが楽しくなり、便秘にも悩まされなくなります。

個人的意見なのですが、寿司ってスローな食材が全部揃っていませんか?

  • マグロやイカなどの魚
  • ご飯
  • 回転すしに行けば肉寿司もある!

和食って凄いですね!(*´ω`*)

日本人で良かった^^

スポンサーリンク
この記事を書いた人
紅助

スポーツフードアドバイザーの紅助です。
サッカーをしている息子がとにかくケガが多く、何とか体の土台を作ってあげたいと思い、この資格を取得しました。

勉強しながら分かったことを、子育てママに役立ててもらえればいいなと思い、食の大切さと心の育て方を執筆しています。
負けない身体づくりを養うために参考になれば幸いです^^

※料理は簡単手抜き料理でいかに栄養を注ぎ込むかに注力していますw

紅助をフォローする
腸活
ikukatu
タイトルとURLをコピーしました